本文へスキップ

三重県津市一身田町の病院です。

電話でのご予約・お問い合わせは

岩崎病院 TEL.059−232−2216

岩崎病院Iwasaki Hospital

乳がん検診

外科外来にて随時受付けております。 診察日はこちらから外来診療担当
【電話での予約受付は行っておりません】

乳がんについて

これまで上位を占めていた胃がん、子宮がんが近年減ってきた一方で、大腸がん、乳がんは増加の一途をたどり、女性がかかる、がんのトップを占めようとしています


検診推奨ガイドライン
厚生労働省の指針では視触診およびマンモグラフィによる乳がん検診の有効性がみとめられ最近では40歳以上の女性については、2年に1回の視触診とマンモグラフィ併用法による検診を行う事を提言しています。
当院では医師による触視診に加え専用の乳房X線撮影装置と超音波診断装置を設置して、乳がんの検査を実施しております。


超音波検査(エコー)とマンモグラフィどちらがいいのでしょうか?


超音波検査は数ミリの手に触れないしこりを見つけだすこどができ、妊娠中で放射線被爆を避けたい方、若年の方、強い乳腺症などで良好な写真が撮影できない方、圧迫撮影に絶えられない方、頻繁に検査を行う必要のある方などに適しています。
一方、マンモグラフィは乳がんの初期症状の1つの特徴である微細な石灰化を写し出すことに優れていると言われており又、乳房が大きく深部まで超音波が届かない方、閉経後で乳腺が萎縮し多くが脂肪に置き換わっている方等はマンモグラフィが適しています。

それぞれの検査に特徴があり、受診される方の状態によって検査方法を選択または組み合わせて行いますので受診時、医師にご相談下さい。

乳がんの発見には自己チェックも大切です。

・乳房に痛みのない腫瘤やしこりがふれる。
・乳房の表面の皮膚がへこむ、わきの下のリンパ腺がしこりとなってふれる。
・乳頭から分泌液が出ることもあります。

チェックに最適な時期は次のとおりで毎月行う事が大切です。

・月経開始から7〜10日後で、乳房を触ってもあまり痛みが無い時期(乳房が柔らかい時期)
・閉経後は毎月同じ日
・授乳中は毎月同じ日の授乳後

チェックを行った結果、乳房の変化に気づいたとしても、それが必ずしも乳がんの徴候であるとは限りません。

大切なことは、できるだけ早く診療施設や検診施設などで診察や検診を受けることです。


自己検診の方法

浴室にて


入浴時など、体が濡れているときに、手に石鹸をつけて、鎖骨から腋の下、乳房、乳房の下までチェック。
調べる乳房の反対側の手指を揃えて、指の腹で軽く押すようにくまなく滑らせ、しこりや硬いこぶがないか調べましよう

仰向けになって


調べる側の乳房の下に枕かバスタオルを当てて、腕を頭の後ろに置き、腋の下、乳 房、乳房の下までチェック。乳首をつまんで分泌物の有無の確認もしましょう。

鏡の前にて


腕を高く上げて、ひきつれ、くぼみ、輪郭の変化がないかどうか、乳頭のへこみ、湿疹などを念入りに観察。
乳首の分泌物に有無の確認もしましょう。
また、腕を腰に当てて、しこりやくぼみがないかもチェックしましょう。


医療法人思源会 岩崎病院ビルダークリニック

〒514−0114
三重県津市一身田町333
TEL 059−232−2216
FAX 059−232−7654
[病 棟]
TEL 059−231−2353